カテゴリ:くらげの軌跡( 1 )

くらげ玉をふり返る

クラゲを作り始めたのは、今からさかのぼること1年5ヶ月前。
基礎講習を終えたばかりのあたしは、自分の技術力のなさを思いっきり棚に上げ
「クラゲが作りたい」と何度も何度もほざいておりました。

そんなあたしに先生は「クラゲを習うのは、まだ先です!」ときっぱりおっしゃいました。
「習うまで待つか?それとも自分で作ってみるか?」
答えはモチロンやってみる(〃^-^〃)
当時買ったばかりのバーナーで作ってみたのが始まりでした。

記念すべき第一号はコチラ

d0075244_21175291.jpg



朝顔?って感じで
足もグチャグチャですが
これはこれで今でもあたしの宝物です♪
(写真が古いので暗くてごめんなさい)




そして、初めてクラゲに見えるクラゲができたのは、第一号から三ヶ月後。

d0075244_2120594.jpg

ひと目で「クラゲ!」ってわかってもらえる作品ができて、嬉しくて嬉しくて
みんなにやたら見せびらかしたものです。

とはいえ、これで満足するわけにはいきません。



ここからあたしの本当のクラゲ作りの旅が始まったのでした。

(長くなるので、はしょります)

頭はそれから9ヶ月後。
納得いく足ができるようになったのは昨日。

d0075244_21351024.jpg














結局、教室でクラゲは習いませんでした。
でも今では習わなくてよかったと思っています。
習ってたらこんなに一生懸命クラゲを追い求めることはなかったでしょうからね(〃⌒ー⌒〃)!


長くなりましたね。

最後まで読んでくれてありがとう♪
[PR]
by chanrin | 2006-07-26 22:34 | くらげの軌跡